SNSには悪徳商法も狙いをつけているので被害もあります

SNS詐欺は各公的機関のサイトでも注意を呼びかけていますが、手口が巧妙で被害が後を絶ちません。
詐欺師によって、個人情報をバラすとか、女性を装って男性を呼び出すタイプの恐喝、ストーカ被害や結婚詐欺などの犯罪が行われています。

出会い系サイトで起こりがちなトラブルが、徐々にSNSサイトに移行してきていると考えて良いでしょう。
相手の好意を利用して契約を強いるデート商法の他に、警視庁でも注意喚起している通り、偽の大手企業サイトにアクセスさせてクレジットカードの情報を盗むフィッシング詐欺も未だになくなっていませんね。
また、フェイスブックで「いいね!」を集めたり、ツイッターのフォロワー数を増やすことで、その繋がりから物販を行う人、ステルスマーケティングをしている場合にはソーシャル詐欺師となります。
LINE詐欺では、友人になりすまして指定のプリペイドカードを購入させ、番号を聞き出し実質盗んだのと同じ状態にする詐欺の被害も続いています。
ギフト券などプレゼントをすると嘘をついて個人情報を収集するタイプのトラブルも目立ち、これは後のソーシャル詐欺を生む温床になっています。
ただの広告バナーだと思ってクリックしたことが、詐欺被害に遭う原因だったと言っている人もいますので注意が必要でしょう。
友達申請がたくさんの人から来ると思いますが、ユーザーを装った詐欺師が紛れ込んでいる可能性は十分にあります。
ネットやSNS詐欺に巻き込まれてしまった場合は、消費生活センターや民間のSP解決センターのようにトラブル解決をしてくれる専門家に相談して下さい。
悪徳詐欺業者は、メールで「出会い系の料金に延滞があり裁判をする」と脅しのメッセージを送信してきますが、法律の問題に関わることは内容証明郵便で通達するものです。
メールで通達代わりにする様な業者は詐欺だと考えて、警察や弁護士に相談して下さい。
会社のインターネットでサイトにアクセスをしていて、それが誰にも知られたくない内容だとすると、ほとんどの方が穏便にお金で済ませようとしてしまいますが、詐欺師は1度の支払いで解放することはありません。
「脅せば支払う人」として他の業者にも個人情報が流されるリスクを高めるだけなのです。
気をつけていてもSNS詐欺に遭う可能性はありますが、相談先を把握していることで適正な対処を検討できます。
大まかな詐欺のタイプを知っていると、「これは怪しい」と気付くキッカケになります。